FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討伐から帰ってくる兵士を迎える慰安婦

「----おばちゃん日本兵隊も死んだ?------

 兵隊さんが討伐に行って夜帰ってきますやろ。その夜帰るときには、うちたちはろうそくの灯を持って城門まで迎えに行くんですよね。そうすっとね、若い兵隊さんが『おばちゃん元気で帰ったよ』って声をかけるんですよね、そんなときはうれしくてね、ほっとしたもんだったですよ。
 戦死された方は、満丸(慰安所)のそばで城壁のちょっとばかし広い所で焼くんですよね。そんなときはうちの妓もみんな出て見送るんですよね。焼かれるときのブジュブジュっていう音がですねえ・・・・・。涙が出て止まらんやったですよ。負傷された方は運城までトラックでしょう。励ますと手を握って離さないよねえ」(「戦争と人間の記録 軍隊慰安婦・新装改訂版」金一勉 編著・徳間書店・1992、初版は1977「芸者・黒須かなの従軍」上坪隆、p172-173)


《討伐から帰ってくる兵士を迎える慰安婦・小説『春婦伝』の場合》


 部隊の帰るのは、城門分哨の位置からは半里もさきから見えた。分哨は部隊を発見すると、電話で本部に知らせるので、またたくまに方々に知れわたる。彼女たちもあわてて、パフで顔をたたき、口紅をぬって、そとへかけだす。どっちの城門からはいってくるかをたしかめて、その城門まで走っていく。城門の分哨のわきで、彼女たちはかたまって、舞台の帰りを待つのである。そのとき春美の胸の動悸のかなしいくるしさは誰も知らなかった。
 やがて尖兵がはいってくる。そのなかには、彼女たちの知った顔の兵隊を見つけると、「おい、オレのスーちゃん、元気か」とか、「吉田は生きとるか」とか、「青木は達者か、死んどらんだろうな」と口々に騒ぎたてる。(以下略)(『肉体の門』田村泰次郎(筑摩eブックス)~『春婦伝』)


※「スーちゃん」:「慰安所で恋愛の関係ができるとそう呼んだものだった。わたしたちにはたいてい一人ずつスーちゃんがいた。」(『文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』p69)

スポンサーサイト

テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

blendy77

Author:blendy77
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おススメ古本サイト
情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。