スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西野瑠美子著『日本人「慰安婦」の処遇と特徴』を批判する

日本の「慰安婦」研究者や支援者たちの悪いところは、
右派同様、自分達に都合が悪いところは、無視するか、見たとしても「疑いの目」を持ってみているところだと思う。
例えば、西野留美子氏のを例に挙げてみると、それがハッキリしている。

業者が証言すれば、
「業者の口を通しての回想なので、業者に不利な点は語らないだろう」(『日本人「慰安婦」愛国心と人身売買と』・「戦争と女性への暴力」リサーチアクションセンター編・現代書館・西野瑠美子著『日本人「慰安婦」の処遇と特徴』p125)

元兵士が証言すれば、
「にわかに信じがたい話」(同 p131)と信じようともしない。

また、収入面では菊丸さんなどが早く借金を返し、稼いで帰ってきたことを例にし、
「朝鮮人『慰安婦』には見られない特徴」(同 p126)
「朝鮮人が敗戦でようやく解放されたという状況とは決定的に異なる。」(同 p126)

と勝手に決め付けている点も、個人の思い込みからくるものなのかもしれないけど、自然に証言を選別し、見たくないものは無視してきた結果であろう。右派左派両派に共通する悪い癖だ。

元慰安所の管理人の日記を読むと、慰安所の帳場で働く筆者が、慰安婦に頼まれて送金したり、貯金したり、廃業から帰国の手続きまでをしていることがよくわかる。

ビルマの日本軍慰安所(日本軍慰安所管理人の日記)
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/10/comort_women_diary.pdf

7月9日日曜日、晴天
金本○愛とその妹の○愛が今般帰郷のため廃業するといい、主人の西原様は承諾したので、今日廃業届けを出した。

7月11日火曜日、晴天
金本○愛とその妹の○愛の二名に対する廃業関係で、保安課営業係に行って手続き書類を提出した。

7月12日水曜日、晴天
保安課営業係から金本○愛に対する旅行証明手続きに要する証明書を受けた。

7月20日木曜日、晴天
金本○愛と、その妹の○愛の両人を連れて、特別市保安課分室旅行係に行って、帰還旅行証明の手続き書類を提出したが、不備な点があり、そのまま持ってきた。

8月7日月曜日、晴天
金本○愛とその妹の○愛、二名の旅行証明が出て、南方運航会社に乗船の申し込みをした。

8月9日水曜日、朝暴雨後曇晴天
正金銀行に行って金本○愛ら姉妹二名に対する送金許可申請を提出し.....

8月14日月曜日、雨曇晴天
金本○愛とその妹の○愛は今日の16時に内地行きの船に乗るため、停泊場に集合した。

(日記に登場する慰安婦の金本さんは苗字から察して朝鮮人だと推測する。また、廃業したいと申し出たとき、借金があったのかなかったのか慰安婦になった経緯は不明だが、前借があって返済し終わって帰ると言ったのではなく「帰郷のため」という点は注目すべきで、さらに研究が必要だと思う。)


西野氏の主張は、右派が元慰安婦の証言を疑いの目でみているのと全く同じである。研究者や支援者が、このような目で証言などを扱ったり、見ている限り、慰安婦問題が解決される日は来ないだろうとつくづく思う。

スポンサーサイト

テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

blendy77

Author:blendy77
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おススメ古本サイト
情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。