スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショウセツ、ショウセツッテ、バカニスルナ!

「朝鮮や中国の女たちの、兵隊に対する話し言葉は、乱暴で、知らない者が聞いたら、無礼な感じさえ受けるかも知れないが、兵隊たちにとっては、その乱暴な言葉づかいに、身内がぞくぞくするような親近感を覚えるのである。」(『女拓』田村泰次郎、中央公論社、1964、p15)

これは田村泰次郎が自分の女性遍歴を綴った『女拓』のなかの『春婦伝』の春美のモデルとなった「アリランの女」からの一節であるが、『春婦伝』の中で「乱暴な言葉づかい」で討伐から帰ってきた兵隊を迎えるシーンで「身内がぞくぞくするような親近感」を感じさせる描写がある。


「(略)やがて、尖兵がはいってくる。そのなかには、彼女たちの知った顔の兵隊を見つけると、『おい、オレのスーちゃん、元気か』とか『吉田は生きとるか』とか、『青木は達者か、死んどらんだろうな』と口々に騒ぎたてる。
(中略)
彼女たちの叫びに、『ちえっ、お前の彼氏は死んだよ』とか『死んだ、死んだ、女に持てる奴はみんな死んだ』などと、どなりかえしながら、目の前をすぎていく。どの顔も疲れてはいるが、生きてきた歓喜にかがやいているようだ。彼女たちは、そんな兵隊の冗談にほっと安心しながら、それでも本隊の到着までは一抹の不安からのがれられない。
 本隊が着いて、男の顔が見えると、彼女たちは『おう』と、唸るような叫びをあげて、『青木、今晩こいよ、可愛がったるぞ』とか『吉田、あとから、飲みにこい』とか声をかける。『俺もいくぞ、酒用意しとけ』などと、そばの兵隊がひやかすと、『馬鹿、助平』とやりかえす。兵隊たちはどっと笑う。彼女たちは本気になって怒っている、兵隊たちは、けれどそんな冗談のやりとりで、討伐の苦労がすうっと消えるのを感じるのである。」(『春婦伝』田村泰次郎~Kindle版『肉体の門』筑摩eブックス)、(『春婦伝』田村泰次郎、銀座出版社・昭和22年、p41ー42)

スポンサーサイト

テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

田村泰次郎著『春婦伝』の「春美」のモデルとなった朝鮮人慰安婦

「ところでその『春婦伝』であるが、よく実際にあった話かと問われる。私はいつもあいまいな返辞でこれに応える。ストーリーそのものは私の創作であるが、十分、ありそうな、また、あり得る話である。だが、作中の女主人公である朝鮮の女、春美(日本名)は、今日まで、そのことを私はそとにあきらかにしないが、ひそかに私自身頭の中には、はっきりとしたモデルがある。富士子という名の女が、それだ。『春婦伝』の春美について、「本名は彼女たちの心のなかだけでしか知られていない。その自分の本名さえ、どうかすると忘れ果てているようなときがあった」と書いたが、富士子もそうであった。が、自分の本名を忘れる人間はいない。彼女たちにしても決して忘れるわけはない。その本名は彼女たちの一番奥深い、心の底辺に沈めていたのにちがいない。」(『女拓』田村泰次郎、中央公論社、1964、p10-11、「アリランの女」より)

テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

【資料】『春婦伝』の序文

序文
画像は『春婦伝』田村泰次郎(銀座出版社・昭和22年5月・初版)の「序」より

『春婦伝』の序文

「 戦争の間、大陸奥地に配置せられた私たち下級兵たちといっしょに、日本軍の将校や、その情婦たちである後方の日本の娼婦たちから軽蔑されながら、銃火の間に生き、その青春と肉体を亡ぼし去った(朝鮮人)娘子軍は、どれだけ多数にのぼるだろう。日本の女たちは前線にも出てこられないくせに、将校とぐるになって、私たち下級兵を軽蔑した。私は彼女たち(朝鮮人)娘子軍への泣きたいような慕情と、日本の女たちへの復讐的な気持で、これを書いた。」(『女拓』田村泰次郎、中央公論社、1964、p10、「アリランの女」より)

※文中の( )はGHQの検閲により削除されたもの。


テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

blendy77

Author:blendy77
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
おススメ古本サイト
情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。